ヨットの事を考える評議会


by Takatsuki_K
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

「限定沿海」から「沿海」へ

それでは、「沿海」→「近海」への変更には何と何が必要なのか?
これがなかなか簡単には書けないのです。実際にやってみないと分からない。

たとえば、何年か前に「限定沿海」→「沿海」へ書き換えたことがあります。そのときのお話を。

42ftのレースボートですが、同じ年にパールレースとジャパンカップの遠征が入ると、「臨時航行許可証」の年間30日ルールではギリギリ。30日ルールについてはこちら

JSAFの特別規定(SR)でカテゴリー3はとっているので、火薬類はすでに沿海セットを積んでいます。後は「自己点火灯」と「馬蹄形ブイ」があればいいのかな? だったら「沿海」とってしまえば、いちいち「臨時航行許可証」とらなくていいし。

と思って、まずはJCIに電話で確認。すると図面を持ってくるように言われたので後日JCIに出向いて対面して説明を聞きました。
こういうのは、電話じゃらちが空きませんからね。会って、その場でしっかりメモをとり、「これで間違いありませんね?」と念を押し、帰宅。

それじゃゴー、ということで、「馬蹄形ブイ」と「自己点火灯」を購入。
臨時検査といっても、ヨットの上での立ち会い検査は無く、買い足した法定備品をJCIの窓口に持ってくればOKとのこと。

検査手数料は別に金融機関に振り込むようになっているので、まずはこれを振り込み、追加分の法定備品を持ってJCIへ。

すると、先日打ち合わせをした検査官が、
「こないだは言い忘れたけど、4種汽笛が必要だ」
と言い出す。
限定沿海では、同じ汽笛でも5種汽笛。これを4種に買い換えないとダメだという。
たいして違わないじゃん。5種汽笛でどーにかしてくださいよ、と泣き落としに入るがガンとしてダメ。
「今なら12V仕様も出てますよ」とカタログを出してくる。
4種汽笛って、ちょっと前までは24V仕様しか無かったのです。
え? 12Vのヨットはどうしていたかって? それはまた別のお話として……。

泣き落としは効かないようなので、もう「限定沿海」のままでいいやモードに突入。
「そもそも、馬蹄形ブイと自己点火灯だけでいいというから、沿海に切り替えることにしたのに。
わざわざ今から4種汽笛を買わなければならないなら、限定沿海のままで良い。
振り込んできた検査手数料返してくれ。」
というと、
「それはできない決まりだ」という。

「えー、なんだよ、それ、詐欺だろ。詐欺。オマエが馬蹄形ブイと自己点火灯だけでいいって言ったんだろ。ちゃんとメモもとってんだぞ。」
とさらに激怒モードに入ったところで、近くにいた受付係の女子がすくっと立ち上がり、「返金できますよ」ときわめて冷静に一言。

この女子が、かなりカワイイのであります。清純派というより、倖田來未系と表現したらいいのか? いや、良くないか? とにかく、事務処理能力が高い。
ささーっと、現金で返金してくれて終了。


てな具合に、航行区域を書き換えるだけでも、かなり複雑なのです。ここで簡単に変更条件を書けるものでもないのです。
上のケースでも、なんか図面をしげしげと見てOK出してましたけど、何がどうだとダメなんだかは不明。
そもそも、昔のワンオフ艇ならいざしらず、今時のプロダクション艇のオーナーは自艇の図面なんて持っているのかなぁ? 無ければ無いで、現場での立ち会い検査になるのでしょうが……。

とにかく、制度が複雑なのです。
JCIのホームページには、法定備品の一覧表が載ってますが、これも記述が極めて分かりにくい。そもそも検査官でもよく分かってなかったわけだから。

全長12メートルと長さ12メートルを境にして、適用が異なるものも多く、ここでいう「全長」と「長さ」は違う単位ですからね。
全長12メーター以上、で、長さ12メーター未満
の船は結構ありますのでご注意を。

そもそも、「自己点火灯」を搭載せよ、というのは分かるんですよ。あった方がいいと思う。まあ、法定備品として認められている「自己点火灯」は、むやみに大きくて安っぽく、世界にはもっとよさげな商品があるのに、我が国では規制のおかげで安全備品の進化が止まっているようにも見えますが。

で、4種汽笛なんて、いるの? 5種汽笛を外して、新たに搭載する意味あるの?
ちなみに6万円くらいのものなんですけどね。
ケチケチすんなとか言われるかもしれないけど、そういう問題じゃないと思うのであります。
[PR]
by Takatsuki_K | 2010-01-26 12:28 | ヨットレースを考える