ヨットの事を考える評議会


by Takatsuki_K
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2008年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

「ジャパンカップ史」というより、「ワタシのジャパンカップ史」になっちゃいますが、続けます。

1990年。個人的には、この頃すでに回航屋の会社を立ち上げていて、やたらに回航していた。

グアムレースもすでに始まっており、毎年グアムレース終了後のヨットを回航するという、無鉄砲でやくざな仕事をしていた。

この頃はグアムレースに出る船とジャパンカップに出る船では顔ぶれがガラっと変わり、住み分けができていたようにも思う。

IORは、88年頃にはすでにかなりの進化を遂げており、「ストリップアウト」なんて言葉に代表されるような極端に先鋭化したマシーンになっていた。耐候性に不安アリ、などと嘆かれていた。IORレーサーでグアムレースなんてとんでもないという状況だったのだ。

……と、そんな中、90年のジャパンカップは10月。油壺をベースに行われた。

ジャパンカップのような選手権試合では、参加艇は同じ条件で1カ所にまとめて海上繋留しなければならない。その為の泊地の確保が、この頃のジャパンカップでは一番の難問だったのだと思う。

油壺は、ご承知のように奥まった天然の良港だが、桟橋は僅かしかない。
沖止めしてテンダーで送り迎えするという方法だったと思うが、これではセールの上げ下ろしやら潮出しやら、何に付けても不便である。
早く帰ってきた船から先に桟橋を独占するという事もあり、不公平感があった。

何より困るのは、台風に左右される事だ。
台風直撃ならまあしかたがない。アキラメもつく。
しかし、漁船の避難港になっている油壺は、遠く南方海上で台風が発生しただけで多くの漁船が避難入港してきてしまう。

爽やかな秋の風が吹いている絶好のレース日和でも、早々と避難してきた漁船で湾口がふさがれ出艇できずにレースは中止。なんて事になってしまうのだ。

オーストラリアの50ft艇、<サイクロン>が遠征してきたのもこの年。通関作業など、弊社で請け負ってサポートしたので、良く覚えている。
わざわざ日本まで来てくれているのに、台風のおかげで満足にレースができず、大変申し訳ないと思ったものだ。

僕自身はダビッドソン44に乗艇。
この年の夏、ケンウッドカップに出た同じ船同じメンバーでの参戦だ。

ケンウッドカップでは、同じダビッドソン設計の1世代新しい艇に勝ったりして、そこそこの結果を残していた。ジャパンカップはその余韻を楽しむような戦いだったと思う。
成績はどうだったか……。マストを曲げた記憶はあるけど……。

ロングのコースは何マイルだったかな? 夜中に神子元を回ったのだけ覚えている。
強風下のスピンランで、ランナー付きの2トナーが夜中にジャイビングしながら本船を交わしていくっての、スリリングというより、無茶ですな。

自己責任でやってくれ、と言われても困る。
[PR]
by Takatsuki_K | 2008-09-30 10:49 | ジャパンカップ史
熱海は陸側のファシリティーは申し分なかったのだが、いかんせん水深が深く、運営が大変だったらしい。
で、ジャパンカップは89年から三浦に場所を移した。

城ヶ島の岸壁に、アンカーを打って槍付け。
主催者としては、泊地の確保に苦労したのではなかろうか。お疲れ様です。

この年、僕は高井理さん設計のワントナーで出場している。
IORはすごい進化の真っ最中で、ケンウッドカップを目的に作られたこの船は、重量集中の為に、インサイドバラストのみ。キールはすべて木製のダミーという、極端なものだった。
ケンウッドカップでの成績はぱっとしなかったもようで、となると、強風仕様で建造された船でのジャパンカップではなおさらぱっとする訳ないですね。
ということで、成績は……忘れた。

外人助っ人として、ロバート・ソルトハウスが乗艇。前年海太郎に乗ったピーター・レスター派閥の人で、ミスマッチと言われたアメリカズカップのKZ7に乗っていた人。

ニュージーランドの中でも、ブラックマジック派閥とは異なるようで、その後のアメリカズカップには参加していないようだが、今年のボルボ・オーシャンレースでは、ケンリード率いるプーマレーシングのクルーになっているもよう。世界のヨット界も狭いですね。

ロングは三宅周りだったと思う。
途中まったくの無風になって、
「つまんねーな」
とつぶやいたら、スキッパーの戸谷寿男さんが、
「こういう時こそ勝負なんだよ」
と言ったのがものすごく頭にこびりついていて、その後、無風でイライラしたときは、戸谷さんのこの言葉を思い出すようにしている。
が、どうしてもダメ。微風は嫌いです。

インショアは、城ヶ島沖の海面だったと思う。
潮がものすごく複雑で、当時のワタシにはチンプンカンプンだった。なんてのも記憶にある。

IORの新艇がどんどん浮いて活気はあったけれど、古い艇では勝ち目はない、という時代でもあった。
[PR]
by Takatsuki_K | 2008-09-29 12:54 | ジャパンカップ史
熱海でのジャパンカップは、88年まで続いた。

その頃、ハワイのパンナム・クリッパーカップはケンウッドカップと名前を変え、隔年開催されており、日本のセーラーにとっては憧れのレースとして成長していた。ジャパンカップはその予選、という位置づけに感じていた方も少なくないと思う。

今思えば、あの頃の目標はあくまでもケンウッドカップであり、その先には世界の頂点アドミラルズカップが遠く霞んで見えていた。

個人的には、熱海のジャパンカップは、83年の後は最後となった88年に<海太郎>に乗せて貰ってちょこっと参加したくらい。
この頃はすでに外人の助っ人セーラーを乗せるというスタイルも見られた。
<海太郎>に乗ったピーター・レスターと一緒に大野屋のローマ風呂に行き、
「世界で一番大きな風呂だ……」
とつぶやいたのが可笑しかったのでよく覚えている。

なんたって、総大理石でギリシャ彫刻があっちにもこっちにもあるような大浴場であるから、日本人からしても驚いちゃうような風呂なわけで、ニュージーランド人がビックリするのも分かる。

……と、温泉観光地、熱海であるから宿泊施設や食事場所には困らない。
当然、今のマリーナはまだできていないので、各艇アンカー打って岸壁に槍付けだったが、当時はそんなもんなので、別に不満でも無かった。

なんだか観光気分もあり、熱海遠征はなかなか楽しい思い出として残っている。
[PR]
by Takatsuki_K | 2008-09-28 10:04 | ジャパンカップ史

ジャパンカップ史 83年

別件で資料を捜すため、古いKAZI誌をひっくりかえしていたら、99年の秋に葉山で行われたジャパンカップの記事が目に付いた。
 10年ぶりにジャパンカップを取材したという松本和久氏は「異種格闘技にも似たその戦い」とジャパンカップの凋落ぶりを嘆いている。
 ありゃー、今と同じじゃないですか。

記事中、松本氏は、
「日本一を裏付けるために不可欠なステイタスそのものが、今や完全に崩壊している」
とし、本来、スポーツ競技には、「理想の勝者像」というものがあって、「それに相ふさわしい者が勝つようにルールは設定されている」
「その競技・大会を魅力あるものとして存続させるために、理想の勝者像を共通認識として持つことは不可欠なのではないか?」
とし、ジャパンカップには、その共通認識が無いという。

なるほど。書き方は違うけど、ここでワタシが何度も書いている「フォーマットが必要」と同じ意味なんだろうと思う。
10年前から、結局変わっていないという事ですね。

松本氏は、KAZI誌の中ではディンギー系の記事を多く書いている人で、外洋系の事情にはちと疎い所があるかもしれない。
何故ジャパンカップでは理想の勝者像が共通認識できないのか?
これは、「外洋ヨットの日本一」という定義自体に無理があるからだ。
どこかで妥協しなければ、この定義に沿った勝者像を造り出せないわけだが、どのように妥協するかのコンセンサスが得られていない。

葉山大会が開かれるに至った経緯を考えると、この時は良くぞ開催にこぎ着けたと評価しても良かったかもしれない。なぜなら、98年には、参加艇不足で中止にまでなっているのだから。

これまで、自分自身が選手としてJCに出ていた時は文句ばかり言っていたが、取材する側に回るといろいろな事が見えてくる。
「二度と関東のJCには出ない、って書いといて」と言った関西のオーナーもいた。実際、ヒドイ運営の時もあった。
一方、「二度とやりたくない」と言った主催者側の役員もいた。
開催する方だって、参加者が憎くくて意地悪しているわけではないのだ。

自分ではジャパンカップの運営側に回ったことはないが、もっと大きな大会の運営を行ったことはある。レガッタ開催の大変さは良く分かっているつもりだ。

このままでは、主催する側も参加する側も、お互い不幸になるだけではないか。
ここは一つ、それぞれの立場から自分の意見をハッキリ言うべきで、それしか打開策はないのではないか。
そう思って、このブログを立ち上げた。

ボツボツと意見を書き込んでいただけるようにもなった。

ワタシの意見はだいたい書いた。
自分の意見ばかり書いていてもしょうがないので、ここらでちょっとこれまでのジャパンカップを振り返ってみようと、資料を漁ってみた。
問題点を探り出すことができるのではないかと考えたからだ。

懐かしいなぁ。
いろんな思い出が、走馬燈のように巡る。

これ、全部取材して写真集めて記事にしたら、ちょっとした大河ドラマになるなぁ。KAZIに話を持ち込んでみよう。
等と考えつつ、感慨にふけってしまった。

とりあえず、取材はメンドクサイので、自分の記憶にある限りで書いてみる。


第一回のジャパンカップは、1983年11月に熱海で開催されている。
このあたり、手元にあるKAZI誌は、自分で記事を書き始めた1991年の物からしかないので、ちょっと曖昧な記憶から書いてみる。
1982年にはハワイで行われたパンナム・クリッパーカップで<飛梅>が優勝しており、78年には佐島でクオータートン世界選手権。また1977年にはアドミラルズカップに日本チームが出場しているくらいだから、日本国内でジャパンカップが開催されても当然、のヨットレース熱だったんだと思う。
逆にいえば、日本のヨット界に於けるジャパンカップの歴史は、さほと長くない。

この大会、自分自身も大橋さん設計の36ft艇に乗せて貰い、参加している。3位だったと思う。
優勝は<スーパーサンバード>。
これは、82年のパンナムクリッパーカップの出場艇で、この年の春、僕がハワイから回航してきた船だから良く覚えている。
つまり、当時のIOR40フッターは、太平洋横断に耐えうる造りだったという事だ。<飛梅>も往復自力回航だ。

この頃、僕は毎年のように、ハワイから日本までの航海をしていたわけで、中でもこの艇は最小サイズだったにもかかわらず、実に楽な航海だったのを覚えている。

第1レース。かなりの下有利なスタートラインで、ロバート・フライヘルムのスーパーサンバードがピンエンドからポートタックで全艇の前を切って全速力でスタートしていき、「やられたー」と思った記憶がある。
覚えている方いますか?

いや、ま、そういうレベルだったって事です。

このあたり、記憶だけで書いているので、別のデータがあったら修正してください。

(ジャパンカップ史はこの後も続く)
 つーか、今回は、ほんのサワリだけ
[PR]
by Takatsuki_K | 2008-09-27 10:37 | ジャパンカップ史

外洋ヨットの日本一

前にも書いたと思いますが、
「外洋ヨットの日本一を選ぶ」
という、今のジャパンカップの定義自体にいささか無理があるのです。

各種各様の外洋ヨットがある中で、日本一をただ1艇選ぶのは不可能なんです。
世界中で、そういう難しいカテゴリーのレースは無いと思います。
通常は、なんらかのクラスを儲けて、それもレベルレースやワンデザイン、限定規格級(ボックスルール)で、クラス内でのチャンピオンを決めるわけです。

キーウエストレースウイークでは、各クラス毎の優勝を決めます。
中でも最も接戦だったクラスの優勝艇、1位艇に、ボート・オブ・ザ・ウイーク、ボート・オブ・ザ・デイなどが贈られますが、これはあくまでもオマケ。

アドミラルズカップやケンウッドカップは、国別対抗のチーム戦でした。
ケンウッドカップでの艇別優勝はオマケの賞で、ケンウッドカップ自体は、3艇1チームとなるチーム優勝に与えられます。

と、単なる「外洋ヨットの世界一」なんてレガッタは世界中捜しても無いのです。

それでも「ジャパンカップが外洋ヨットの日本一を選ぶ大会」だとするなら、日本独自にフォーマットを決めるしかなく、しかも、できない事をやろうとしているわけですから、そこでは、なんらかの妥協が必要になるわけです。

どのように妥協するのか。
そこが問題なのですが、(以下、続く)
[PR]
by Takatsuki_K | 2008-09-23 20:44
ジャパンカップも無事終了。
優勝は<スレッド>。おめでとうございます。

当然ながらAクラスの優勝も<スレッド>でいいわけですが、それでは、Bクラスの優勝艇ををどう扱うのか?
A、B、両クラスの1位にジャパンカップが与えられるという事みたいなので、Bクラスの優勝もジャパンカップ獲得、という事になる訳ですが、このあたりがどーもピンと来ないわけです。

艇の大きさ(或いは絶対スピード)があまりにも異なると競えないからクラス分けするというのは分かります。そうするべきだと思います。

しかし、それなら、別々のスタートにしなければならない訳で、同時スタートで成績の集計だけクラスを分けてBクラス優勝艇を決めることに、果たしてどういう意味があるのか?
今一度冷静に考えてみると、成績集計でだけクラスを分けても意味無いではないか、と思うのですが、どうでしょう。

大きさがあまりにも違うというなら、Bクラス最大艇の<KINEKINE>(IMX40)とAクラス最小艇の(NOFUZO>(X41OD)とのハンデ差が0.035。3.1%の差です。
一方、同じAクラスの中でも、最大艇<SLED>(TP52Mod)とその次の<ASADORI>(Ian Murray43)では、ハンディキャップの差は0.166で、12%もの差という事になります。
Aクラスの中でこれだけの差があるのに、より差の少ない<KINEKINE>と<NOFUZO>が別クラスになっているわけです。

レースの公平性を多少なりとも保つ為、別スタートにする。その為のクラス分けというなら分かります。参加艇のバラツキによって上記のようなクラス分けになってしまう場合もあるわけで、それもやむを得ないといえます。

が、全艇同時スタートで、集計だけ別々にしてクラス順位を付け、各クラス毎にジャパンカップを与えるという事に、はなして意味があるのか?
と、疑問を持ちました。

ワタシはジャパンカップにケチをつけている訳ではなく、ジャパンカップの高い競技性を維持するためにはどうしたらいいのか?
ORC-Iの扱いをどうするか等も含めて、みんなで考えて意見を出していかなければならないと思うのです。

大会直前にとやかく言うのは良くないと思い控えていましたが、2008年度のジャパンカップが終わった今、来年の事を考えるのは建設的なことだと思います。

そうそう、最初にKYCで行われたジャパンカップの時は、レガッタ閉幕直後にアンケートが回ってきました。
[PR]
by Takatsuki_K | 2008-09-22 09:08 | ヨットレースを考える

ジャパンカップ 最終日

台風接近に伴うスケジュール変更で、昨日はロングインショアレース。
微風から始まって最後は吹き上がったようで。
となると、典型的な「小型艇有利」のコンディションのようですが、順位はバラバラ。
いったいどんなドラマがあったのか? 
http://bulkhead.sblo.jp/article/19755539.html
バルクヘッドマガジンに、ちょいと詳しく載ってます。

とにもかくにも、今日は最終日。
<スレッド>圧勝か、という雰囲気でしたが、まだまだどうなるか分からなくなってまいりました。
[PR]
by Takatsuki_K | 2008-09-21 09:01 | ヨットレースを考える
さて、ジャパンカップです。
2日間で5レース消化。すごい。
レース結果はサッサカとアップされていて、これまたすごい。
かつては、
「せめてその日のうちにはアップしましょうよ」
だったのが、午前中のレースが終わった時点でもうアップされているんですよ。

レース委員長、広報担当の方、張り切っているのが手に取るようです。

で、ここまで、合計6ポイントで<スレッド>が圧倒的にリードしています。フィニッシュタイムを見ても、レースの雰囲気が目に浮かびます。

2位以下がまた混戦です。
18ポイントの<キネキネ>
19ポイントの<サマーガール>
20ポイントの<エスメラルダ>
<ガスト>も25ポイントでこれに続きます。

修正タイムで見ても秒差ですから、もう大混戦ですね。
これだけ大きさも雰囲気も異なる艇が集まって、この混戦。

ここまでの感想。
「IRCって、すごくね?」


問題は、台風です……。
[PR]
by Takatsuki_K | 2008-09-18 16:43 | ヨットレースを考える

エスメチーム紹介

それでは、こちらにチームの紹介、書いておきます。

エスメラルダは、ジャパンカップには意外と出場していません。

1994年にトリップ36で優勝。
その後、
1997年に西宮のジャパンカップにILC40で出場するも4位に終わり、以降ジャパンカップには出場していません。

ということで、11年ぶり3度目の出場という事になります。

チーム形態も様々なモードがあり、関東水域でのレースではオーナーヘルムで出場することが多いのですが、今回は、かなり若返ったメンバー構成になっています。

バウ 伊藝徳雄
若手というイメージだったけど、すっかりベテランバウマンに。デッキワークの要ですね。

マスト 西川松吉
サンディエゴでのニッチャレ終えてすぐの頃からエスメチームに。ということで今回のチームでは最古参になるのかな。頼りになる男。

フローター 山本淳一
ワタシの同級生。ガッツあります。というか、ガッツのみで乗り切るタイプ。同い年として、あのガッツは尊敬します。今回の若いチーム内で、重要な役割を果たすかも。

ピットマン 平井純一
昨年からボートキャプテンに就任。ビックレガッタはダンドリが重要なので、彼の活躍が重要です。つーか、オマエ紹介文書けよ。

ナビゲーター 田口裕介
これもエスメチームは長いです。出席率も高く、ちゃんとサラリーマンが勤まっているのか、心配。ジャパンカップの前週もどこだかでテーザーの全日本に出ていたらしい。あんまり調子に乗らないようにね。

ヘッドセールトリマー 吉田学
まあ、ミスターエスメラルダって感じですか。今ではすっかりまじめなサラリーマンですが、ヨットの上でもマジメそのものです。
そういえば、エスメに吉田を紹介したのが、今回マストマンやっている西川なんですね。

ヘッドセールトリマー 辻寛基
ワタシは一緒に乗ったことがありません。以前、「なんだかとんでもねーヤローだ」という噂を聞いたので、パーティーの席で一発カマしておこうと思って近づいたら、なかなか好青年でした。

メインシートトリマー ボブ・ワイリー
イギリス在住のオーストラリア人。海外エスメチームではかれこれ10年以上一緒に乗っている。けど、今回のチームでは植松オーナーと吉田くらいかな一緒に乗ったことあるのは。怒ると恐いので、みなさん注意してくださいね。

タクティシャン 中村匠
海彦、匠、そして辻と、いずれがヘルムスマンになってもいけそうなメンツが揃っているのが今回のエスメチームの特徴か。
いずれにしても、これまでのエスメチームとはがらっと雰囲気が変わっています。
仲よくやってね。

ヘルム 荒川海彦
ジャパンカップを視野にいれて、昨年からエスメの舵をまかされた。どんどん経験して、世界に通用するセーラーに育って欲しい。
今回は、ボブからいろんな事を学ぶことができると思います。できるといいなぁ。できるかもしれない。

そして、スキッパーは植松オーナー。
とにかく、決断力のある人です。オーナーには最も重要な事かも。
アキラメも早かったりしますが。そういうのも結構大事だったりして。

以上、タカツキ目線で紹介してみました。

こんな奴らが乗っている、と思うと、観戦も楽しいでしょ。
[PR]
by Takatsuki_K | 2008-09-18 16:27 | ヨットレースを考える

ジャパンカップ

などと言いつつ、いよいよジャパンカップですね。
JSAF東海の公式サイトに、参加艇紹介ページがアップされました。
なかなかの力作です。

ワタシの古巣、エスメラルダチーム。記述が簡素すぎ。
抱負なりクルー紹介なり、きちんとした原稿を提出して主催者に協力するように。
主催者も大変なんですから。

さて、この参加艇紹介でのランキング。
本命は<Asadori>ですかね。
艇上の雰囲気が良く分かります。
レース後の夕食時の雰囲気も、良く分かります。食費、かかりそー。


外洋レーサーって、艇種の事が良く出てくるけど、やっぱり乗り手ですから、誰が乗っているのかがすごく重要で、こうしてwebで乗組員の名前まで分かるのって重要だと思います。

今からでも遅くないので、参加各チームは頑張って原稿出してあげて欲しいです。
さしあたってエスメチーム。オレが代わりに書いてやろうか?
[PR]
by Takatsuki_K | 2008-09-15 12:40 | ヨットレースを考える