ヨットの事を考える評議会


by Takatsuki_K
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2009年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ナビゲーション虎の巻

昨年までKAZI誌で連載していた『ナビゲーション虎の巻』が書籍になりました。
f0171353_1216995.jpg

虎の巻シリーズ、第4弾です。


これまで、GPSの記事をいろいろ書いてきたのですが、基本的にはチャート好きなワタシ。GPSのプロッター画面に表示される海岸線情報だけでは、どうにもおしりのあたりがムズムズして、航海する気にはなれないのです。
特に、ここ10年くらいは、GPSのプロッターはほとんど使っていません。GPS+紙海図。これが最強だと思ってます。

その為には、まず紙海図を使ったナビゲーションをマスターしておく必要があるわけですが、本書はそんなナビゲーションの基本からGPSとの融合まで、プレジャーボートで用いる“趣味”のナビゲーションについて、フルカバーしたつもりです。

オールカラー128ページで1995円は安いと思うんですけどねぇ。←手前味噌


ちなみに、ワタクシ、大学での専門は船舶工学でありまして、航海術を専門に習ったわけではありません。
本格的にヨット界に足を踏み入れた時のワタシの師匠、糸賀悟氏が大型船の免許を持つプロの航海士でもあり、師のこなすナビゲーションを横で見ていてプロのワザを盗みました。

そこからプレジャーボート用にかなりアレンジしてきましたから、本書の記述を本職の航海士が見たら「邪道!!」といわれるかもしれません。しかし、大型船と小型のプレジャーボートでは、作業環境も航海の目的も大きく異なります。あえての工夫。あえての邪道。なのです。

なお、連載時からの担当編集者であるKAZIの森下嘉樹編集長も、元外航貨物船の航海士です。校閲の先生がこれまた、妙に専門用語にも詳しいんですよね。いや、元々は新聞社の校閲担当を長く務めてこられた「日本語のプロ」の方なのですが、ヨットボートの専門用語も精力的にお調べになっており、ワタシなんかよりよっぽど……なんです。
ワタシの原稿なんか、真っ赤になって戻ってきます。

また、このての解説書では、ページレイアウトも分かりやすさを左右する重要な要素。デザイン担当の鈴木洋亮氏にもなにかと面倒をかけました。

こうした多くの方の力を合わせて、1冊の本が完成するわけです。感謝感謝。

で、これでも、印刷してみて「あ、ここ違ってた」なんての出てくるんですよ。
間違いに気づいたら、連絡下さい。
次回、重版時に修正します。
[PR]
by Takatsuki_K | 2009-03-25 12:15 | 個人的な話

走り続ける人達

寛平さんを乗せた<エオラス>は無事ロスアンゼルスへ到着。

ずーっと公式ホームページ見てました。朝起きるとまずはここから、って感じ。
面白かったなぁ。
楽しませていただきました。

しかし、これ、書くの大変だったろうなぁ、と思います。長距離航海のヨットの上って、変わり映えのしない毎日が続くので、こんだけ書くのはどんだけ大変か。
ワタシなんか、ロールコール時に順番待つだけでも嫌だったもん。

ま、さすがに、送られてくる画像は変わり映えしなかったですけど(^_^;)
こりゃしょうがない、、、と思うでしょ。でも、そこをなんとかするのが、寛平さんの役割ではなかったのかと。『水曜どうでしょう』の大泉洋のようにできんものか。

感想:---------------
馬場さんのコース指示はすごい。
1週間くらい先までの予想立てて、それが大抵当たってましたもんね。

ワタシらの長距離航海では、台風の可能性でもないかぎり、天気図なんて見もしませんでした。
この後時化るってのが分かったところで、どうせ乗り切るしかないんだから、と。
だから、ストームトライスルとか、セール全部降ろして後ろにロープ流して耐える、なんてのが、必ずありました。
-----------------------

なんにしても、67日間走り続けるのは大変ですよね。


と、その間も、ボルボオーシャンレースの面々は走り続け。
この人達もスゴイ。
なんたって、この間、ずーーーーーっと、セールトリムしっぱなしなわけですから。
このての連中と一緒に乗った事あるので分かります。彼らのセーリング密度がいかに濃密か。あのペースでずっと走り続けるのって……。
なんとなく、ケン・リードの髪の毛が薄くなってきているような気が。
苦労してるんだろうなぁ。


で、ワタシのボルボオーシャンゲーム。リーチングが続いたので飽きちゃった(^_^;)
しばらく忘れてて、ふと見ると、向かい風の中スピン揚げて止まってました。

その間、ずーっと走り続けていた人達はすごいっス。
[PR]
by Takatsuki_K | 2009-03-13 10:52 | 外洋航海