ヨットの事を考える評議会


by Takatsuki_K
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2009年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ORCグリーンブック

『グリーンブック』というとなんか“エコ”っぽいですが、CO2削減とはなんら関係ありません。ORC(OFFSHORE RACING CONGRESS:外洋レース会議)が出している『ORC Championship Rules』のこと。表紙が緑色なので、昔からこう呼ばれています。

最新版2009年版は、こちらからダウンロードできます。

一言でヨットレースといいますが、今のところ、
ISAFが管理する『セーリング競技規則』に則って行われるヨットによる競争をヨットレースと称する……と解釈されるのが一般的です。
さらにその中でも競技形態は幅が広く、いってみれば短距離走からやり投げまである陸上競技のようなもの。将棋、麻雀、トランプといったテーブルゲームの広がりといってもいいか?

艇はクラス毎のクラスルールや様々なハンディキャップルールで管理されています。
とにかくルール。
競技ですから、明文化されたルールを元にしないと公平には競えないわけ。

じゃこの『グリーンブック』は何か? というと、ORCで管理しているメジャメントシステム(IMS)とそこから導き出されるレーティングシステム(ORC InternationalとORC Club)並びにORCグランプリクラスによる選手権試合のフォーマットを決めたものです。

ORCですから、その昔はIORのレベルレースも『グリーンブック』で行われていました。ワントン、ハーフトン、なんて階級を規定していたのも、この『グリーンブック』。
IMSに変わっても同様。ILC40の世界選手権も『グリーンブック』に基づいて行われていました。

さて、それでは何をもってORCのチャンピオンシップというのか? 2009年版の『グリーンブック』では、
- The Offshore Team World Championship (Sardinia Cup)
- The ORC International Championships
- The Championships of the following classes: ORC Maxi ORC Mini Maxi, ORC 670, ORC Sportboat, GP42, GP33, GP26.
がそれにあたる、と明記されています。
そして、その開催にあたってはこのルールを適用すること、と明記されています。
さらには、地域、あるいは国内選手権でも、このルールを適用することを強く推奨する、となっています。
ジャパンカップも、ORC-IやORC-Cでやるならグリーンブックに従うべし、ということになりますか。

上記大会は、ORCの承認を受けたうえで開催されるものですが、承認を受けるにはいつまでに、どんな書類を持って申請しなけばならないか? 開催クラブの責任は? 等が決められています。
参加者にとってその年の選手権試合が「からぶり」に終わらないように、細かな規定を儲けたということで、まあ、これは当然ですね。
誰も集まれないような場所で勝手に世界選手権を開かれても困るわけですから。

で、『グリーンブック』に「実施要項」と「帆走指示書」のひな形が規定されており、これに沿って大会を行うように。とあります。

実施要項で、スケジュールは、
Day 1,- Registration and measurement
Day 2, - Registration and measurement, opening ceremony
Day 3,- inshore race(s)
Day 4,- offshore race
Day 5,- [offshore race continued] or [second offshore race]
Day 6,- inshore race(s)
Day 7,- inshore race(s), closing ceremony
となっており、オフショアレースは、以下の3つのオプションの中から選ぶようになっています。

a) 20-24時間のオフショアコース。これは途中に通過ポイントを儲け、そこまでの順位でインショアレースの1.5倍のポイント。コース全体の順位で別に1.5倍のポイント。
b) 10-12時間のオフショアレースを2本。それぞれ1.5倍のポイント。
c) 12-18時間のオフショアコースで1.75倍のポイント。8-12時間の短めのオフショアコースで1.25倍のポイント。

いずれも、1本あるいは2本のオフショアレースで、インショアレース1本の3倍の配点ということです。

昔の『グリーンブック』では、ロングオフショアが2オーバーナイト。ショートオフショアが1オーバーナイトだったように記憶しますから、2009年版では距離はずいぶんと短くなってますね。
が、いずれにしても、主催者側の選択肢はかなり狭いということです。


そもそも、アドミラルズカップからして、オフショアとインショアの混成レースですし、自分がシドニーホバートレースに出た時も、インショア何本かと組み合わせてサザンクロスカップというシリーズレースになってました。
ニュージーランドで行われたエア・ニュージーランド・レガッタも、オフショアとインショアの組み合わせ。ケンウッドカップもそうですね。
これは伝統的な外洋レースのスタイルといっていいのかもしれません。
というより、元々はオフショアレースがメインで、それにインショアレースを組み合わせてチャンピオンシップとしよう、という流れだったのかも。

ケンウッドカップも、ハワイ州の島すべてを回るアラウンド・ザ・ステーツレースが単独で存在していたのがそもそもの始まりだったという話ですし、キーウエスト・レースウイークも、元々はフォートローダデールをスタートしキーウエストにフィニッシュするロング・オフショアレースが始まりで、当時はキーウエストにフィニッシュしたあと2日間飲みあかすという、狂ったイベントだったんだそうな。それが今では、キーウエストでのブイ周りレースになっていますが。

ロングオフショア
  ↓
インショアレースと組み合わせてシリーズレースに
  ↓
次第にインショアレースが中心に

となっていき、『グリーンブック』で規定される選手権試合でもオフショアレースの距離が短くなっていったんでしょうかね?
ケンウッドカップも、最後は昔のショートオフショアであるモロカイレースのみになってしまったし。今の『グリーンブック』では、逆に解釈すると24時間以上のロングレースを組んではいけない、とも読めるわけで。

これは何故なのか? は、おいおい検証していくことにして、ここでのポイントは、
「ORCでは選手権試合のフォーマットをグリーンブックでハッキリと定義している」
ということ。だからこそ、どの国で世界選手権が行われても、同じ基準の下で公平に競えるというわけ。


クラスも、
ORC Maxi
ORC MiniMaxi
ORC 670
ORC Sportboat
の4クラスが明記されており、たとえば、ORC670クラスとは、
GPHが618~660で全長が11.41m以上の艇
等と規定されています。
ここも重要。

但し、このあたり、ちょっと前まではIMS50、IMS600、IMS670等のクラスがあったわけで、今では選手権試合はボックスルールのGP各クラスをメインにということなのでしょうか? ORCとしてもこのクラス分けには苦労しているようです。

また、GPクラスのルールは、登場当時は『グリーンブック』に掲載されていましたが、現在は別にルールブックがあるのでこちらには記載されていません。


……と、グリーンブックを見ていくと、今の日本外洋ヨット界に必要なのは、ジャパンカップのルールを決めたルールブック(日本の『グリーンブック』)なのだ、ということに行き当たります。
これが、これまでワタシがこのブログで何回も書いている「ジャパンカップのフォーマット」なのです。

で、それに代わるものが、『JSAF運営規則』の第2章ということなのでしょうが、両者を読み比べてみてください。何が足りないのかが良く分かります。
まずはこれに手をつけるところから、始めるべきであろうと思います。
[PR]
by Takatsuki_K | 2009-12-29 08:00 | ヨットレースを考える

改革なるか??

そろそろ年の瀬。
さて、来年(2010年)のジャパンカップはどうなるのか?

JSAFからはまだ正式にアナウンスされていないようですね。
あ、いや、JSAFのレースカレンダーには出てるなぁ。
8/10~8/15/ 場所:関西ヨットクラブ
で、関西ヨットクラブのHPを見に行くとお知らせが出ています。
関西ヨットクラブ主催ってこと?


11月24日にアップした記事「改革、なるか?」に書いたのですが、

○いつ
○どんな艇を集めて
○どんなレースを行うのか?


「いつ」はまあいいとして、
どんな艇を集めて、どんなレースを行うのか。
これが、レースのフォーマット。

たとえば、
ロングオフショアを入れるか入れないかで、なんだかずーーーっと揉めてますが。
・関東ならロングオフショア中心で。
・西宮ではインショアのみ。
・蒲郡はインショア+コースタル。
……みたいな、海域の特性を活かした持ち回りフォーマットにしてもいいわけで。ようはそれが固定されるか否か。
フォーマットを決めるのか、決めないのか?

決めるなら、どういうフォーマットにするのか? って話なわけですが。
決めないなら、逆に毎回決めなきゃならないわけで。
じゃあ、それは誰が決めるのか?

結局、決めるか決めないかを誰が決めるのか? を決めないとならないわけで……。
ああ、ややこしい。


過去のジャパンカップ。大会が始まった後で、ロングオフショアをやるかやらないか、コースが長すぎるとか危険だとかで揉めたことあったなぁ。あ、いや、長すぎるとは言ってなかったか?
これが、ロングオフショア・スタートの前々日にオーナー集めて会議ですから。
[PR]
by Takatsuki_K | 2009-12-22 09:42 | ヨットレースを考える
さて、今週末は葉山でクリスマスマッチ。
豪華顔ぶれが揃って、激戦が繰り広げられるはず。良い風も期待できます。寒そうだけど。北風なら、濡れないんじゃないの?
と、他人事(^_^;)

ということで、景気づけに2008年のMonsoon Cupでの激戦を振り返ってみます。こないだのじゃなくて、昨年のお話です。
KAZIの記事(2009年2月号73P)に書いたクオーターファイナルの最終戦、ピーター・ギルモア対フランスのセバスチャン・コール戦。改めて図示してみました。
例によって、地上からの見た目の記憶で描いているので、完全ではありませんが。まあ、こんな感じ。
f0171353_13134134.jpg

[1]の位置では、コールが僅かに先行していたと思います。
問題は、青艇(ギルモア)はここまでですでにペナルティーを一つ貰っているということ。
黄艇(コール)は焦らずそのままフィニッシュすればよさそうなものですが、それがマッチレースの難しいところなのでしょう。あくまでプッシュ。風下艇としての権利を主張しております。

で[2]の位置でゾーン(2008年のことなので、2艇身ゾーンか)に入り、なおもプッシュするコールにインサイドでオーバーラップしているギルモアがプロテスト。
ルームを与えなかったということで、コールにペナルティーが出ます。

ということは、ここでギルモアのペナルティーとチャラ。

とはいえ、これでも[3]の位置のようにコールは先着していたはず。

とここで、ギルモア艇はスピンダウン。スピンは風をはらみ大きく風下へ飛びます。
で、この「取り込み中のスピン」がコール艇に先着してフィニッシュラインを切ったというわけ。

記事にも書きましたが、ルールブックでのフィニッシュの定義は、
「艇体、または正常な位置にある乗員もしくは装備の一部が……フィニッシュラインを横切るとき」とありますから、取り込み途中のスピネーカーは「正常な位置にある装備の一部」に含まれるわけ。

これがまた、イラスト見て貰えば想像できると思いますが、リミットマークに触れそう。触れれば当然マークタッチな訳ですが。目撃者の話では一旦マークの外側に着水しているらしいのです。で、その後、フワンと浮かんでマークを飛び越え、フィニッシュした、と。

レース後、ギルモア艇のバウマン早福選手に、
「さすが、トリム上手いジャン」
と言ったら、ほんとに偶然だったようで、マークタッチしなかったのは奇跡かも。と。
ギルモアからいきなりハリヤード落とせという指示が入り、「これでフィニッシュだよ」と答えたものの「いいから下ろせ」っていうからとりあえずハリヤード切ったんだそうな。

ギルモアはこの時久々のマッチレース復活で、ラウンドロビンは最下位通過。
クオーターファイナルでのコール戦も苦戦続きで、ここでもペナルティーを貰っている状態でフィニッシュ目前だったわけですから、もう絶体絶命だったわけ。

コールの深追いでペナルティーは解消されたものの、このままではやっぱり負けですから。マークに当たろうがなにしようが、やれる手は尽くす。それも瞬時に判断した。って、やっぱピーター・ギルモアはすごいですね。


で、揉めていたのは実はその後の話。
フィニッシュの時点で本部船からはコール先着を示す黄色旗が揚がっていたのです。
これにギルモアが抗議。
「私のスピネーカーが先にフィニッシュしたろ」と。

で、陸上に戻り岸壁で協議が始まった。
これに勝った方がセミファイナルへ勝ち残るという、極めて重要な一戦なので、曖昧な判断はできません。

ここで、コミティーが、「たしかにギルモア艇のスピネーカーが先にラインを切った」と証言。
論点は、どちらが先だったか? ではなく、ギルモア艇の回収途中のスピネーカーを見ていたか見ていなかったか、にあったようです。

で、裁定は覆り、ギルモアの勝利。コールはクオーターファイナル敗退となりました。

セバスチャン・コールは、フランスが押す次期エース。ベテランコーチ陣が付き添いで来ています。コール自身はもの静かな好青年なのですが、このコーチ陣がうるさがたでして、この裁定に、
「なにー?! 裁定を覆す? こーーーれは大問題ですぞ。有力セーラーの圧力に負けたのか? スキャンダルですぞ! ワシゃ問題にしますぞ!!! タダじゃスマンゾ!!!」(かなり意訳)
と大憤慨。

ピーター・ギルモアは、このモンスーンカップの立役者であり、いうなれば主催者みたいなもので、それが決勝に残れるようにコミティーは特別の配慮をしているのではないか、とでもいいたいような憤慨ぶりでした。

これ、プロのイベントですから、こういうもめ事も面白いですよね。

ギルモアはこの後調子が出てきて、セミファイナル、ファイナルとあっさり勝ち進み、優勝したわけ。
やっぱ、大物だなぁ。


つーことで、今週末のクリスマスマッチ。
葉山でも、なんかもめ事起きないかなぁ。
 ↑無責任(^_^;)

誰か、ヒール役引き受けたら? 応援するよ。
[PR]
by Takatsuki_K | 2009-12-17 13:20 | マッチレースもあるでよ
12月6日まで、マレーシア、クアラトレンガヌで行われていたモンスーンカップは、ニュージーランドの若手、アダム・ミノプリオが優勝。同時に、2009年度のワールドマッチレースツアー(WMRT)での優勝(金メダル)も手中に収めた。

昨年までWMRT2連覇のイアン・ウイリアムス(英国)が、ラウンドロビンで敗退するなど、大波乱の展開。
ここまで年間ポイントでトップに立っていたミノプリオも、ラウンドロビンは最下位通過という薄氷を踏むようなレース運びだったが、トーナメントに入ってからは勝負強さを発揮。決勝戦ではベン・エインズリー(英国)を3タテでアッサリ下し、モンスーンカップ優勝(賞金3万5千リンギ:約9百5十万円)というおまけ付きで年間優勝を手にしたことになる。


さてそこで、その決勝のミノプリオ対エンズリー戦、3マッチを振り返ってみます。
テレビ観戦での記憶から書いてみるので、位置関係などちょいとあやふやではありますが。
俺ならこうする。ここはちょっとおかしいんじゃない? なんてのがあったら、ご意見お聞かせください。ワタシもマッチレース、あまりよく分かっていないので。


マッチ1

ポートエントリーのミノ。青艇。
5ノット程度の弱い風の中、エンズリ(黄)の前を通って本部船の風上から回り込む。
解説のアンディ・グリーンは、「ミノ、上手い」と。微風の中、ポートエントリー艇が前を切るのは難しいってことですかね?

で、スタート時はこんな感じ。(図1)
f0171353_164792.jpg

ミノ(青)が後ろから風下側にオーバーラップ。エンズリはラインから押し出され、尚かつkeep clearできてなかったので(2)の位置でペナルティー。
ミノもラインをオーバーしていたものの、すぐに戻って狙っていたピンエンドからスタート。エンズリはミノ艇より前にいたわけで、ラインに戻るのも遅れる。

ちょっと意味が分からなかったのですが、ここで、コミティーがリコールを告げる黄旗を降ろすのが遅かったもよう。エンズリーとしては旗が降りなきゃリコール解消できていないという意味な訳で、スタートを切る判断が遅れてしまったではないか。どーなっとるのだ!! ということで、赤旗で抗議。
みたいです。
フィニッシュ後も揉めていましたが認められず。
「よーし、後でビデオ見て確認だ」
と、息巻いていましたが、その後のレースも負け続けたので、「ビデオで確認」も無しになったもよう。

ベン・エインズリーといえば、オリンピックで金メダル3つ、銀メダル1つを持つ王者。正直いって、ミノプリオとはセーラーとしての格が違う感じ。おまけに、エンズリー艇のメイントリマー、イアン・パーシーは、金メダル2つ。2人合わせて、金メダル5つと銀メダル1つ。……って、どんなチームだよ。
レース中も、エンズリ艇ではこの2人がしきりと会話し戦略を練っている感じでした。
対してミノチームは、いずれもロイヤル・ニュージーランド・ヨット・スコードロンが誇るユースプログラムで養成された若者達。
レース中は、ミノがしきりとクルー全員に声をかけています。
「ウエイト・アップ」
とか、
「ビックロール・ボーイズ」
とか。
なんか、すごく対照的な両チーム。

で、マッチ1はこうしてスタートであっさり勝負がつきました。

海面は、大きな河の河口にあり、中州の上に立派なリゾート施設が建っています。
つまり、中州を隔てて、河口が2つ。
連日の大雨で、河の流れはたいそう早く、東よりの風だと南側の河口からの流れが右海面に入ります。で、右海面有利。
北東の風になるとコースはより北側に移り、となると北側の河口からの流れが左海面に入ります。
この日は北東風で、左海面が有利。スタートもピンエンド狙いということになります。


マッチ2

ポートエントリのエンズリー(青)。
スタート50秒前位でミノ艇の風下側にオーバーラップ。
ここでカチ上げてラインから出そうという作戦か?

このときのスタートラインまでの距離がちょっとよく分からないのですが、解説のアンディ・グリーンは「ミノ、ピンチ」といってます。
ラフするエンズリー。上艇のミノは当然Keep clearしないと。ここでミノ、「(避けるから)時間をくれ」とエンズリーに声をかけています。で、一瞬遅れてラフ。アンディー・グリーンはミノがペナルティーだと思ったようですが、これがセーフ。
「ミノプリオ、これはラッキーだ」とアンディーの解説。

で、ここで返すとスタートラインには早すぎるか? と思われたものの、これがジャストタイミングでミノプリオはピンエンドからスタート。エンズリは遅れ、尚かつ右海面への展開を余儀なくされます。
両艇大きく左右に分かれ、左を行くミノは潮に乗り、見かけの風も増す、と。
上マークでは大きくリードを得たミノプリオ。ここでも勝負あり。


マッチ3

このあたりからちょっと風が上がってきます。13~15ノットかな?
今度は、エンズリ、下からミノをカチ上げピンエンドからジャストスタート(図2)
f0171353_16484482.jpg

これはエンズリの勝ちかと思ったら、なんとなんと、右から風が……。
左エンドまで伸ばしたエンズリの所は風が落ち、右に大きく伸ばしたミノが先行。
なんなんでしょう、勝利の神様は。
レース後、「すごくラッキーだった」と、ミノプリオは答えていたので、スタート時点では両艇とも左海面を狙っていたはず。スタートではじき出されて右展開を余儀なくされていたにもかかわらず、ここでラッキーな風が入るなんて。

ということで、見事、3タテで優勝したミノプリオ。
テレビ画面を見る限り、ミノとエンズリーは仲悪いですな。ポンツーンで合っても目も合わせない。
勝負事だから、こういうのはアリですね。
次の勝負が面白くなる。

なにしろ、破れたとはいえ、エンズリ、WMRTには、モンスーンカップを入れて4戦しか出ていないわけで。
WMRTは、良かった5戦のポイントとモンスーンカップ、全6戦のポイントの合計で競われます。エンズリは、4戦しかしてないのに、1位-3位-1位-2位でWMRT3位ですから。やっぱその強さはハンパじゃないですね。

来年のマッチレース界が、またまた楽しみになりました。
[PR]
by Takatsuki_K | 2009-12-11 17:00 | マッチレースもあるでよ
KAZI誌、2010年1月号はロープの特集。ワタシも6ページほど書きました。

取材の中で、ダイニーマの改良型、DYNEX DUX 75の評判が良かったので、こちらに書いておきます。

アイスランド、Hampidjan社の製品で、これまでのダイニーマと異なり、熱いうちに引っ張って鍛えるんだそうな。鉄は熱いうちに打てなんていうけどそんな感じか。

これでダイニーマの弱点といわれるクリープが無くなり、伸びもベクトラン並なんだとか。
実際、ベクトラン並なのか? 実験してみた訳ではないので記事には載せなかったけど。
なんか宣伝臭くなるのもナンだし。
こんな紹介ページもあました。

しかし、漁船がなんでまた高価なダイニーマロープ使うのかな、と思ったのですが、なにしろ距離が長いから、ちょっとの伸びで作業効率大幅に落ちるんでしょうね。ウインチで巻いても巻いてもロープは伸びるばかり、とか。

ヨットで使う場合、新品の時は硬いので、椅子の脚なんかに引っかけてグリグリしごき、柔らかくしてから使うんだそうな。


日本のヨット界はロープ関係、だいぶ遅れているかもしれませんね。
ロープ特集、結構面白いと思いますよ。自分で書いておいてなんですが。

で、KAZI新年号は、12月5日発売です。この記事はその宣伝です(^_^;)
[PR]
by Takatsuki_K | 2009-12-03 11:58 | 個人的な話