ヨットの事を考える評議会


by Takatsuki_K
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2012年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

on Breeze

日本セーリング連盟(JSAF)の外洋艇推進グループがwebサイトを開設することになりました。

まあ、イマドキwebサイト程度で驚くこともないんだけど。
ここでちょいと過去を振り返って、JSAFはなんでディンギーとクルーザーに分かれているのか? というところに話を戻してみると。

    ※     ※

ご承知のように、ディンギーの日本ヨット協会(JYA)とクルーザーの日本外洋帆走協会(NORC)が統合しJSAFになったのが1999年4月1日。

当時、ワタシはNORCの会員だったのですが、単に会費支払わないとレースに出られないからという理由で入会していたわけで。
自治体に住民税を支払う、みたいな感じ。
NORCってなんなのか、深く考えていませんでした。

今回改めてJSAFのホームページにある年表を見ていたら、1964年にNippon Ocean Racing Clubが社団法人日本外洋帆走協会に改組され、同時にディンギーの方も財団法人日本ヨット協会として再設立されております。

なんで「Ocean Racing Club」が日本語にすると「外洋帆走協会」になるのか、不思議ではあったのですが。これ、運輸省から「レーシング・クラブなんてチャラチャラしたお遊び同好会みたいな名称では所管できない」って言われたんじゃないんですかね? 公益性が感じられる硬い名称にしなさい、と指導されて「外洋帆走協会」にしたんじゃなかろうか、と。これ、想像ですけど。年表見ててふと思った。

元々はヨットクラブ的な部分も多く持つ団体だったのが、それ以降、協会として役所のような活動をする団体になったのかも。
いや、これも想像ですけど。

ヨットクラブとヨット協会では存在意義がだいぶ異なると思うのですが、そもそも欧米的なヨットクラブ文化というものが無かった日本ではその違いが良く分からず、大きな問題にもならず。そのまま来てしまったのかもしれませんね。
でもどこかでヨットクラブ的な部分も引きずっており、一般会員からは分かりにくい存在になってしまっていたのかと、今にしては思います。

そして1999年に日本ヨット協会と統合して日本セーリング連盟となり、これはまさしくヨットクラブではなく協会(というか連盟)なわけです。

とはいえ、だから余計に、NORCはヨットクラブなのか外洋ヨット協会だったのかで、統合の仕方は大きく違ってくるはずなんですね。
中にはNORCはヨットクラブだと思って活動していた方もいたわけで、統合話は複雑になってしまうんだろうな、と想像します。

       ※      ※

統合時のJYA副会長である米沢一さんとNORC副会長古川保夫さん、お二人の会談記事が面白いです。
「日本のヨット界、その新たな出発を迎えて」

この中で、JYAの米沢副会長は、
「そこで大切なことは、これまでの組織にとらわれない考え方をすることです。 つまりディンギー、クルーザーという枠組みではなく、セーリングをともに楽しむ「クラブ」という概念です。(中略)各都道府県内すべてのクラブを統合する組織体が、47都道府県の地域連盟であるという考え方なわけです。 」
と、述べられています。

「クラブ」と称されていますが、いわゆるヨットクラブのことでしょうね。個々のヨットクラブが中心となり、日本中の数多のヨットクラブを統合する組織体がJSAFであるということですね。
分かりやすい。

NORCの古川副会長も、この発言を受けて、
「統合の一番の目的はここにあります。(中略) 世界の競技規則を見てもほとんどがクラブ単位でものを考えているし、 現実にはすでにそのように機能している地域のヨットクラブだって日本にもあります。」
とおっしゃっています。

ヨットクラブを中心としたセーリング界という構想が、統合時にすでに立てられていたわけです。

そして12年が経ちました。
実情はどうなのか?

活発に活動するヨットクラブがいくつも出現し、JSAFにも加盟してレースを主催し……と、この対談で交わされた構想が実現しつつあります。
とはいえ、この原稿を書いている時点で、JSAFに加盟するヨットクラブは16団体。JSAF非加盟のヨットクラブはまだまだありますし、クルーザーでの活動が主体のヨットクラブが多いようで、ディンギーとクルーザーを繋ぐ架け橋になるのはこれからということか。

そのタイミングで、外洋艇推進グループのwebサイトができたわけです。
その名も『on Breeze』

レースを主催するのはJSAFではなくJSAFに加盟するヨットクラブなどの団体で、となると、JSAFは何をすればいいのか。
レース主催団体間の繋がりを広げ、広域なイベントを行うためのお手伝いができないものか。

……と、いうことで、かくいうワタシもお手伝いすることになりました。
で、ここで宣伝をと思って。

明日、2月1日から正式スタートです。


『on Breeze』
[PR]
by Takatsuki_K | 2012-01-31 20:14 | ヨットクラブを考える

旧正月にて

今日は朝からインターネットが繋がらず。
そういやお金ちゃんと払ったっけ?

マレーシアでは自動引き落としって、あんまり無いんですよ。
そのうえ、請求書が届かないこともあり。
と、各種支払いがメンドクサくて。

webバンキングでできるんですけどね。毎月手動。
クレジットカードの支払いも、毎月手動ですよ。
で、ついつい忘れる。

単なる回線トラブルだったとしても、街は旧正月休みに突入しており、こりゃ復旧作業は休み明けか。休み明けっていつ?

しかたがないので、携帯電話回線でインターネットアクセス。携帯電話をPCに繋いでPCでもインターネット接続可能に。
なんだ意外と速いなぁ。
24時間、定額8リンギ(200円)とちとお高いんですが、まあ雑誌を買ったと思えばそんなもんか。
スピードは十分です。

でインターネットに繋いで、……と。
VORの方はというと、秘密の安全港から再スタート。
なんだ、モルジブか。すごくきれいなハーバーがあるみたいじゃないですか。最初からここをストップオーバーにすれば良かったのに。
アブダビには何しに行ったのか良く分からないことになっちゃったけど、米空母のペルシャ湾展開でイランはカリカリしており、ヨットレースなんてノンキにやってる場合じゃないですわな。
レースを企画したときはどんな情勢だったんだろう。

イランというと何やら怪しい国というイメージかもしれませんが、我が家の向かいはイラン人家族でして、ダンナさんはポール・ケイヤード似。というか、ポール・ケイヤードそのもの。
奥さんはきれいな英語を話す上品な美人で、服装もなんとなくカリフォルニア風で、雰囲気はハリウッドの映画プロデューサー一家って感じ。
2人の息子は紳士的で、駐車場からのエレベーターで一緒になったりなんかしたら、そのまま脱兎のごとくかけだしてロビーに先回りしドアを開けて待っててくれたりして。
娘がまたとんでもなくカワイイのであります。いやホント、半端無いですよ。何故かごみを捨てに行くときに合ったりするんだけど、あまりにもカワイイんで、微笑みかけるのも照れくさくなるくらい。15~16歳なんだろうけど。

中東で何が起きているのか、ワカランす。
つか、中東というのはどういう国なのか。中東人というのは何を考え何を求めているのか。さっぱりワカランす。

VORフリートの方は、そんな中東を後にし、我が家のあるマレー半島方面に向かって来ており、怪しい漁船に難儀しているもよう。
わかります。ここらの漁船もそうなんですけど、標準的な航海灯を点けてないんですよ。目立てばいいと思っているフシがあり、そこに漁船がいるのは分かるんだけど、どちらを向いていてこの後どういう動きをするのかが読めない。赤い灯火と青い灯火が同行する別々の船だったりするわけ。あるいは、ずらーっと横に連なっていたりして、はたしてあの間を通れるのかいなか? 判断できず。

これ、イランの不審船なみに悩ましいところ。
いや、自爆特攻船よりはまだましか。

うん、そろそろVORウオッチに戻ろう。
うちのカミさん? VORゲームはとっくに飽きたもよう。
[PR]
by Takatsuki_K | 2012-01-24 20:06 | ボルボ・オーシャンレース

VORクルーの条件は?

ボルボオーシャンレースは、アブダビをスタート。
とはいえ、アブダビフィニッシュ同様、なんだか良く分からない。

ソマリア沖に出没する海賊対策といわれてたけど、結局はホルムズ海峡の問題で。イランと西側諸国との対立、とりわけ英米との海戦も辞さずというイラン経済封鎖への反発で、海賊というよりテロですな。テロというより海戦か。いやこれも海賊みたいなものか。
……と、ホルムズ海峡の奥にあるアブダビを寄港地にしたこと自体に無理があったんじゃなかろうか。

ま、各艇、元気に走っている……というか移動しているようだけど。あ、〈サンヤ〉はどーなってるんだ? いったい? わからんす。

ここまで全体の展開としては、〈テレフォニカ〉が快調に飛ばし、〈カンペール〉がそれを追う。低迷ぎみの〈アブダビ〉は、本拠地でのインポートレースでガツンといわせ、なんとか面目を保った感じ。

となると、〈グルッパマ〉と〈プーマ〉は、結構落ち込んでいるのかな? なんか、チーム内の雰囲気は悪いんじゃなかろうか、なんて想像してしまう。

VORの公式サイトや各チームの公式サイトでは、いいことしか書いてないですからね。まあ、当然だけど。
なんかもうちょっと「誰と誰が殴り合いの喧嘩した」とか「スポンサーはおかんむり」とか「給料遅配」とか、下世話な話題も聞きたいですね。パパラッチっぽいやつ。
プロスポーツって、そういうのも楽しむもんじゃないかしらん。

    ※       ※

まだウイットブレッド社が冠スポンサーだった97-98年大会のオークランドのストップオーバー会場をうろついていたら、えらく成績が悪く低迷まっだた中にいた〈Toshiba〉チームの下っ端クルーから、「おお、takaさん。久しぶり」と声をかけられた。

懐かしい顔だった。
デビッド・ブランチフィールドというオーストラリア人で、その何年か前のジャパンカップに出場したオーストラリア艇〈サイクロン〉のボートマネージャーをやってた男だ。

僕よりだいぶ年下だったけど、レース前の準備に一人で日本に先乗りしてきていた。その手助けを海童社で受けており、担当だった僕は奴と二人で作業に当たっていたのだ。
なんたって50ftのそれも外国船であるから、船検なんか無いし。上架するといってもシーボニアは予約でいっぱいということで、城ヶ島の造船所の巨大な乾ドックを手配したり。そうそう、お金が無くなったといってオーストラリアから送金してもらうだけでも、結構苦労した。

二人で三崎の銀行にお金を取りに行き、なんとか受領。やれやれ。
で、デビッドが、
「あのさ、もう一つ頼みがあるんだけど」
「何?」
「あの子をデートに誘ってくれ」
と、銀行の窓口の女の子の方をアゴでしゃくる。
「自分で言えよ」
「無理。言葉通じないし」
「じゃデートも無理だろ」
「食事に誘うだけでいいから」
「しょーがねーなぁ」
ということで、その女子行員に、
「……と、このバカが、今夜食事に行きたいとほざいてますが、無理ですよね」
と、とりあえず聞いてみる。
横で、ペンキの付いたTシャツを着たバカがニコニコ笑っている。
すると、そのカワイイ女子行員、こともなげに、
「いいですよ。6時には終わりますから、裏の通用口で」
と、あっさりok。
「何? どう?」とデビッドはここでもまだ理解できず。
「いいってよ」とあきれ顔のワタシ。
「おお、やった。オイラ、デビッド。今夜ね」と、その娘に初めて話しかけ、僕には、
「ほらね、イケルでしょ」と、してやったり顔だ。
かくしてこの怪しい外人は、港町三浦三崎でナンパに成功したのでありました。

翌朝、ニコニコ顔で現れたデビッド。
「彼女の家に行って、両親に会った。楽しかったよ~」
とニコニコ顔で、
……って、いきなり彼女の家に行ったのか? 両親と会った?

レースでは僕は別の艇に乗っていたんだけど、レース後の片付けと梱包、そして船積みの手配までして横浜港までヨットを運んで仕事は終了。

このての作業って、結構大変なんですよね。
短い間ではあるけれど、ずっと二人で作業していたので、戦友みたいなもんですかね。
と、そこで分かれてそれ以来、会ってなかった。
そして、こ時のオークランドで久々の再開だったわけ。


「えー、〈Toshiba〉に乗ってたの?」
「うん、そう。おいでよ、中見せてやる」
と、呼ばれるままに艇内に入ると、残ったクルー4人くらいで片付けの最中だった。
デビッドは、ここでもまだ若手らしく、先輩クルーに、
「こいつ、タカさん。日本の友達」
と紹介するも、
「自分の仕事終わったのか?」
と、つれない返事。
調子の悪いチームってのは、雰囲気悪いですなぁ。
船に残っていた連中は、お互い口もきかず、目も合わさず、もくもくと作業と続けていた。

「忙しそうだから、いいよ、後で」
と言うも、
「いいのいいの。こっち来て。これがXXでね」
とデビッド、先輩クルーの素っ気ない態度にも動じることなく、マイペースで仕事ほったらかしで僕を案内してくれる。

そうねぇ、世界一周レースのクルーって、このくらい鈍感というか、鷹揚じゃないと務まらないんだろうな、と思った。
ワタシには無理かな。


さて、調子の上がらない〈プーマ〉チームは今、どんな雰囲気なのか?
3月のオークランドには行くことにしたので、様子を伺ってまいります。
[PR]
by Takatsuki_K | 2012-01-17 12:35 | ボルボ・オーシャンレース
ヨットレースにおける外部の援助問題。
とりわけ、外洋レースでの無線通信時には、それが外部の援助にあたるのか否か、判断が難しいケースが多い。
無線通信の手段が多様化しているので、なんとか明文化して主催者側と参加者側でコンセンサス得ないと、せっかくの通信インフラを活かすことができない。

……てなことをこれまで書いてきました。

「外部の援助」
「外部の援助 じゃ、どーすればいいのか?」
「外部の援助 安全の為ならOK?」
「パールレース 2011」
「無線通信と外部の援助 シドニーホバート2010の場合」
「無線通信と外部の援助 トランパックレース2011の場合」

さてここで、昨年末に行われたシドニーホバートレースでは、まさにこの「無線通信に関わる外部の援助」でプロテストが出ました。
結果は却下に終わった訳ですが、どうも腑に落ちない。

経緯をまとめてみます。

……という前に、抗議書が見当たらないんですけど。

シドニーホバートレースの公式ホームページにでているこれ、
は判決ですよね。

プロテストをしたのはレース委員会。
プロテストされたのは、ファーストホームの〈INVESTEC LOYAL〉。
全長100ftのマキシです。

スタートから一夜明けた2011年12月27日 0630時。Merimbulaの南30マイルということですから、コース中盤ちょっと手前ですね。〈INVESTEC LOYAL〉がテレビ局のヘリからインタビューを受けます。
インタビューも終わりにさしかかったころ、クルーの一人がヘリのクルーに、ライバル艇〈 WILD OATS XI 〉は、メインセールじゃなくてストーム・トライスルを揚げているか? と質問します。

ヘリのクルーは、ヨットのことは詳しく無いので分からない、と答えます。ふーん、ヨットレースの取材クルーがヨットのこと詳しく無いなんて、オーストラリアでもあるんですね。
いや、これは「答えちゃいかん」と思ってトボケたのか?

質問をした方は〈INVESTEC LOYAL〉のクルーといってもタクティシャンでセールメーカーの社長。その名をMichael Coxonという。
ここであきらめれば良かったのに、Coxon社長はあきらめずに、じゃあ、セールの色は何色だ? と聞き返す。
ヘリの取材クルーは、視界内にいる〈 WILD OATS XI 〉のセールはグレイで、鮮やかな色では無い、と答えます。

ストームトライスルは、ISAF-OSRで、蛍光色のピンクもしくはオレンジ色または黄色と決まっているわけで、そうじゃないってことはメインセールが揚がっているということ。
〈INVESTEC LOYAL〉側では、
‘copy that, that’s great news.’
と答えた。

ここまでが、「FACTS FOUND」事実認定ってことで、レース委員会はこれのどの部分がどの規則に違反していると抗議したのか、抗議書が無いのでが分からないのですが、

続く「CONCLUSIONS AND RULES THAT APPLY」が結論と適用規則。
正確には英文を読んでいただくとして、ざっと訳せば、

ヘリの取材クルーに質問したCoxon社長は〈 WILD OATS XI 〉のメインセールを作った(実際には売った?)本人で、かなり軽量に作ったので、壊れてないかどうか心配だっただけ。
だからRRSの規則41(外部の援助)には違反していない。

また、これはCoxon社長の「commercial concerns」ですから「商売上の関心事」ですか……、だから、これは帆走指示書で禁止されている「race information」ではない。

よって、判決は、「抗議の棄却」である、と。


うーむ、わからん。

まだレースの中盤で、ファーストホーム争いしているライバル艇のメインセールが壊れていることが分かれば、その後はなるべく船を壊さないように走ればいいわけで。メインセールがまだ健在なら、こちらも多少のリスクを冒しながらも全力疾走しなければならないわけで。

ここで、ライバル艇のメインセールが壊れているかいないか、これはかなり重要な「race information」であり、その情報をヘリの取材クルーから聞くという行為は、明らかな外部の援助だと思うんだけど。

そう思うから、レース委員会は抗議したんだろうし。

ところがそれをジュリーが簡単に却下してしまったら、この先、参加艇側でも「無線通信に関わる外部の援助」に対してどう規則を守ればいいのか、ますます分からなくなりますね。

「レース中に機走してはいけない」という規則はハッキリしているので、みんな守るわけで。
良いか悪いかよく分からないような規則を自己判断で守るのは難しい。他のスポーツと違って、その場でアウトセーフの判定してもらえないんだから。
自分で、「いや、これは商売上の情報なんだよね」って言いきかせればオッケーなのか。
で、事後にジュリーが裁定することになるのか。

〈INVESTEC LOYAL〉のナビゲーターは本職が弁護士で、オーナーに代わって審問に出席したそうで、ジュリーも本職の弁護士にかかったら形無しか。
なんだか「橋下弁護士にやりこめられる評論家」のイメージ。
まあ確かに、ジュリーの側は、マークルームでどうする? なんてケースは勉強しているんだろうけど、商売上の情報だとどうなのかなんて考えてなかっただろうし。いや、考えていてもらわないと困る。

そして、今回のケースは、抗議したのがレース委員会であるというのも興味深いところです。

抗議の内容(どの規則に違反したと主張しているのか)が分からないのでこれは想像ですが、判決に帆走指示書の49.1も出てくるので、おそらく帆走指示書49.1に違反して「race infomation」を受けてこれが規則41にも違反する、として抗議を出したんだと思われます。

帆走指示書を作ったのはレース委員会なわけで、その帆走指示書にある「race infomation」というのはどういう意味なのか?
レース委員会は今回の交信内容がこれにあたると判断したから抗議を出したわけで。つまり、「ライバル艇のセールの状態を聞く」とういう内容の交信をしてはならないというポリシーの元にこの帆走指示書を作ったわけで。

対してジュリーは、レースに関わる情報でも「個人の商売上の関心事」が優先するという判断をしてしまったわけで。

今後、レース委員会としては、帆走指示書に「あらゆる理由があろうとも、race infomationを交信してはならない」みたいな文章にしなければならないということになりますかね。

ここのところ、ライバル艇側から抗議が出たというケースとは違う問題を含んでもいますね。


今回の事象で、〈INVESTEC LOYAL〉が失格かファーストホームかというのは、実は当事者以外にはたいした問題ではなく、今後のレースではどう判断すればいいのかということが大きな問題なわけです。
そしてこれは、我が国のヨット界でも同様に重要なことだと思われます。

曖昧にしていると、いつかこうして大きな事象となってしまう。
その前にできる範囲で対処しておかないと。
[PR]
by Takatsuki_K | 2012-01-10 14:08 | ヨットレースを考える
ここ何年か、年末年始だけNHKの契約してたんですけど、この年末年始は契約しなかった。日本のテレビが無いと、やっぱりどうも年末感が無くて。

ニュージーランドにいた頃もそうだったなぁ。
年明けにカミさんの友達から電話があって、子どもが生まれたという。高齢出産ですな。オメデトウ。

「良いお年を」と言いかけたところで、あ、もう年明けてるじゃん、と思い出し、焦って、
「良いお歳で」と言ってしまった。高齢出産のご婦人に。
「ちょっと、何よ? それ?」
と、たいそう怒られた。気をつけましょう。

ま、そのくらい、テレビが無いと年明け感が無いのです。

まあNHKといっても、ワールド放送だと、元旦の朝は紅白歌合戦の再放送なのでやっぱり正月感はないんですけどね。
あれは、ブラジル向けなのか?


今年の元旦は、朝からおでん作り。昨年までは大晦日に作ってたんだけど、今年は大晦日出かけていたもので。
おでん好きなのです。ワタシ。

そしたら、朝からプロパンガスが切れる。
いや、そろそろ切れそうなことは分かっていたのですが、大晦日に配達に来るといってたのにすっぽかされまして。
結局、元旦早々、自分でボンベを運ぶことに。
なんか、今年はやっかいなことがいろいろ起きそうな予感。

で、正月気分を盛り上げるために、朝から箱根駅伝を見る。
柏原竜二が2年生のときの録画ですけど。
これがたいそう正月気分を盛り上げてくれるのです。

ただダラダラと、往路、復路、連続で。朝からずっと流しっぱなし。
お雑煮食べて、朝から酒飲んで。沿道の風景は日本のお正月なわけで、食卓にはお節もあるわけで、うふふ。
トイレに立とうがプロパン買いに行こうが駅伝流しっぱなし。
「おっと、そろそろごぼう抜きだな」と、結果は分かっているので、安心して見ていられる。
結果が分かっていても、感動的なんだなぁ、駅伝は。
あれはいったどういう要素からくる感動なんだろう。マラソンとはまた違うんだよなぁ。
ここんとこ、ヨットレースを盛り上げる策に何か繋がるかも。

昼になっても、おでんにお節で、さらにダラダラ飲む。
遊びに来た友達には、解説できちゃう。結果知ってるから。
「この選手ね、前の年に途中棄権してね、そりゃー苦しい1年間だったわけよ。で、今年はこの後順位を上げてタスキを繋ぐわけよ。」
等と涙ぐんだりなんかして。
「今年っていつ?」
と、突っ込まれたりして。

さて、今年も駅伝ですな。
来年のお正月に見ます。


駅伝見ていて、小田原っていいなぁと思って。
日本に戻ることになったら、小田原に住もうと決意。

絶品のおでん種、いっぱい売ってそうなんで。
[PR]
by Takatsuki_K | 2012-01-03 10:24 | 個人的な話