ヨットの事を考える評議会


by Takatsuki_K
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

旧正月にて

今日は朝からインターネットが繋がらず。
そういやお金ちゃんと払ったっけ?

マレーシアでは自動引き落としって、あんまり無いんですよ。
そのうえ、請求書が届かないこともあり。
と、各種支払いがメンドクサくて。

webバンキングでできるんですけどね。毎月手動。
クレジットカードの支払いも、毎月手動ですよ。
で、ついつい忘れる。

単なる回線トラブルだったとしても、街は旧正月休みに突入しており、こりゃ復旧作業は休み明けか。休み明けっていつ?

しかたがないので、携帯電話回線でインターネットアクセス。携帯電話をPCに繋いでPCでもインターネット接続可能に。
なんだ意外と速いなぁ。
24時間、定額8リンギ(200円)とちとお高いんですが、まあ雑誌を買ったと思えばそんなもんか。
スピードは十分です。

でインターネットに繋いで、……と。
VORの方はというと、秘密の安全港から再スタート。
なんだ、モルジブか。すごくきれいなハーバーがあるみたいじゃないですか。最初からここをストップオーバーにすれば良かったのに。
アブダビには何しに行ったのか良く分からないことになっちゃったけど、米空母のペルシャ湾展開でイランはカリカリしており、ヨットレースなんてノンキにやってる場合じゃないですわな。
レースを企画したときはどんな情勢だったんだろう。

イランというと何やら怪しい国というイメージかもしれませんが、我が家の向かいはイラン人家族でして、ダンナさんはポール・ケイヤード似。というか、ポール・ケイヤードそのもの。
奥さんはきれいな英語を話す上品な美人で、服装もなんとなくカリフォルニア風で、雰囲気はハリウッドの映画プロデューサー一家って感じ。
2人の息子は紳士的で、駐車場からのエレベーターで一緒になったりなんかしたら、そのまま脱兎のごとくかけだしてロビーに先回りしドアを開けて待っててくれたりして。
娘がまたとんでもなくカワイイのであります。いやホント、半端無いですよ。何故かごみを捨てに行くときに合ったりするんだけど、あまりにもカワイイんで、微笑みかけるのも照れくさくなるくらい。15~16歳なんだろうけど。

中東で何が起きているのか、ワカランす。
つか、中東というのはどういう国なのか。中東人というのは何を考え何を求めているのか。さっぱりワカランす。

VORフリートの方は、そんな中東を後にし、我が家のあるマレー半島方面に向かって来ており、怪しい漁船に難儀しているもよう。
わかります。ここらの漁船もそうなんですけど、標準的な航海灯を点けてないんですよ。目立てばいいと思っているフシがあり、そこに漁船がいるのは分かるんだけど、どちらを向いていてこの後どういう動きをするのかが読めない。赤い灯火と青い灯火が同行する別々の船だったりするわけ。あるいは、ずらーっと横に連なっていたりして、はたしてあの間を通れるのかいなか? 判断できず。

これ、イランの不審船なみに悩ましいところ。
いや、自爆特攻船よりはまだましか。

うん、そろそろVORウオッチに戻ろう。
うちのカミさん? VORゲームはとっくに飽きたもよう。
[PR]
# by Takatsuki_K | 2012-01-24 20:06 | ボルボ・オーシャンレース